デザイン学習

現役デザイナーが解説!デザインの勉強は、独学?スクール?

最近はフリーランスや起業という働き方も広く認知されてきているので、デザイナーって素敵な仕事!楽しそうだから私も目指したい!という方も多いのではないでしょうか?

未経験の方がデザイナーを目指すには、まずデザインについて勉強することが必要です。
IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトのスキルはもちろんですが、そもそもデザインとは?といったことや、センスを磨いたりしないとお仕事につながらないので、デザイナーになることが難しいのが現状です。

では、そのデザインの勉強は独学でできるのか、スクールに通った方がいいのかで悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思うので、デザインスキル0から始めた私が思う見解をお話しします!

デザイナーになるための勉強は、独学でできるの?スクールに通うべき?

デザインを始める時は、必ず何かしらの方法で学ぶ必要があります。
内容は、ソフトの使い方や、デザインとは何かっていう知識の部分だったりテクニックだったりと、内容は本当にさまざまです。

講師もやっていると、入校に迷っている方からよく相談をされるのが
「独学でスキルを学ぶか、お金を払ってスクールに入るかで迷っているのですが、どう思いますか?」というもの。

皆さんはどう思いますか?

私の見解は「スクールに通うべき」です。
もちろん、独学が間違っている!ということではないし、私が講師だからということでもありません。
純粋にそう思っています。

では、ここからは私が何故そう思っているかを解説します!

独学でデザインを勉強する場合

今は便利な世の中なので、無料や安価でたくさん情報を得られます。
メルマガやYoutubeやSNSでも、有益な情報を配信している方がたくさんいますよね!
なので、今の時代で独学でデザインの勉強をするための勉強方法は次の通りになると思います。

  1. 参考書などの本を買って読む
  2. WEB上の学習ツールを使う
  3. Youtubeなどの動画を見て、操作を覚える
  4. ブログや解説記事を探して、操作を覚える

もちろんこれではダメだとか、否定する気はありません。
むしろそれを自分でしっかり吸収して落とし込めるなら、独学でもいいと思います。

でも、私の経験上、デザイン経験ゼロで知識もなかった私は、それでは全く身に付きませんでした。
何故だと思います?理由は以下の2つです。

“知識を吸収したつもり”で終わっていた

今になって当時のことを思い返してみたのですが、私は自分に甘くて怠ける癖があったので
「ふーん。なるほどね!また時間ができたらやってみよー♪」といった感じで、“知識を吸収したつもりになって”終わっていたのです。

NOアウトプットです。そりゃダメです。笑

例えデザイナーのセンスがあったとしても、実践・行動しないので身につくはずがありません。

誰にも急かされないし、誰にアドバイスをもらうわけでもなかったから無意識でそうなっていたんだと思います。

情報が膨大にありすぎて、必要なものを選定できなかった

勉強しようと思って本を探したり、記事や動画を探し始めると、ものすごくたくさんの種類の情報があることに気が付くと思います。

自分としては、これだ!と思って選び、読み進めてみたものの、実際に自分が知りたかったこと・身に付けたかったものとは少し違っていたなんてこともあります。

そのため、自分が知りたかった情報を正しく選定・検索できる力が必要になります。

本当に初心者だった私には、その力がありませんでした。
何故なら、何がわからないのかがわからなかったから。笑

正確に探し出せるスキルがなければ、調べるだけでかなりの時間がかかったり、余計なお金がかかってしまうなんてことにも繋がるのでご注意を!

スクールに通って勉強する場合

最近では、スクールも対面式のスクールだけではなく、zoomなどを繋いでオンライン上でレッスンしてくれるスクールなど、様々な形態があります。(こんなご時世なので、オンライン上で学べるのはとても嬉しいですよね!)

デザイナーを目指す人が通うのは、大きく分けてこの2種類のスクールです。

  1. チラシや名刺など印刷物を中心に制作するグラフィックデザイナーになるためのスクール
  2. ホームページを制作するWEBデザイナーになるためのスクール

習得できるスキルが違ってくるので、自分がグラフィックデザイナーになりたいのか、WEBデザイナーになりたいのかを事前に決めておく必要があるので注意!

本題に戻りますが、なぜ私はスクールに通うことをお勧めしているのか・・・

これは、私が講座を開催しているからというわけではなく、
スクールに通って、その道のプロから生きた情報を得るのが最短の方法だと思っているからです。

どのスクールも、しっかりと受講生の身になるようなカリキュラムが組まれていて、
仕事にしていくために必要な知識だけをしっかりと学ぶことができるようになっています。

スクールのメリットは後述しますが、自分がわからないことを質問できるので、その場で解決することができるというのもおすすめできるポイントです。

独学とスクールに通う場合のメリット・デメリット

最後に、私なりの見解ですがそれぞれのメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

独学で勉強する場合

メリット

  • 自分のペースで好きな時に学べる
  • 必要なスキルだけを学べる
  • 自分の好きなことに特化できる
  • 無料もしくは少額で学べる

デメリット

  • 添削が受けられない
  • わからないことが質問できない
  • しっかりアウトプットしないと身にならない
  • 作品のクオリティが上がるまでに時間がかかる可能性がある
  • 情報が多すぎて、必要なものを選定するのが大変
  • 一人なので、モチベーションを保ちづらい

自分でしっかり実践ができる方・金銭的な理由でスクールに通えない方は、独学でも問題ないと思います。あと、一人なのでどうしてもモチベーションの維持が難しいです。

私のおすすめとしては、スクールに通って基礎知識を身に付けたうえで、補足的にプラスアルファの学習を独学でするのがおすすめです。

スクールに通って勉強する場合

メリット

  • スキルが確実に身に付く
  • プロの添削が受けられる
  • 生きた情報、確かな知識が得られる
  • 講師に相談できる
  • 仲間ができる

デメリット

  • まとまったお金がかかる
  • 授業のために時間を作らなければならない
  • 途中で投げ出せない

スクールは、ほとんどが予め決まった日程で進んでいきますので、自然とお尻を叩いてくれます。笑
そして、プロの添削が受けられるのでどこを直したらプロのデザインになるのか、何を意識してデザインしたらいいのかを学ぶことができます。
一緒に学ぶ同期ができることで、モチベーションも保つことができますよ^^

自分の性格・環境に合わせて選ぼう!

皆さん環境はそれぞれだと思いますが、本当にデザインを仕事にしたいと思うなら自己投資をしてスクールを受講するべきだと思います。

少し厳しいことを言いますが、やらない理由(言い訳)はいくらでも出てくるものです。
それをいかに自分で潰していくかが鍵。

仮に、お金が理由で諦めるのは「変化しないための一つの言い訳」。
お仕事が取れるようになれば、受講費用はすぐに回収できると思います^^

これだけだとトゲがあるので、補足。笑

もちろん、本当にどう頑張っても時間もお金も余裕がないという状況もあるし、女性は特にタイミングもあるので、スクールに通わないなんてダメ! 通うのが正義!!と思っているわけではありません。
どちらの方法にもメリット・デメリットは存在します。
ですから、ご自身の環境・状況をしっかり見極めて、自分がどうやって学んでいくのか、一度しっかりと考えてみてくださいね!

LINE公式アカウント

ご質問やお問い合わせはLINE公式アカウントでも承ります。
お気軽にご連絡ください。


友だち追加

-デザイン学習

© 2021 未経験から叶えるデザイナーという働き方 | Affetto Collection